株式会社かのん

コーチング、店舗の販売促進・人材育成支援、発達支援コーチングの株式会社かのんのサイトです。

かのんの接客・販促支援

押さえておきたいお店の人材育成5つのテーマ

押さえておきたいお店の人材育成5つのテーマ

人材育成に成功するためには、5つのテーマをマスターする必要があります

5つのテーマとは

人材育成5つのテーマ

の5つです。
 
一つひとつ説明させていただきます。
 

1.自己基盤

スタッフの社会人としての土台となるものです。現場のスタッフの中には、生活習慣や考え方が成長の妨げになっていることがしばしばあります。
気分のアップダウンが激しかったり、もうひとふんばりができない、ついネガティブな応答をしてしまうスタッフはこのポイントを改善すると効果的です。
 

2.明確な目標

自店ならではの強みは何なのか、理想のお客様は誰なのか、などを明確にし、共通認識を持ちます。
さらに、各スタッフの目標と自店の目標を重ね合う事ができれば、やる気もより持続します。
 

3.販売・接客スキル

お客様のニーズを聞きだし整理して、お悩みを解決するスキルが身に付けば、お客様は自然にお買い上げになり、お店のファンになってくれるはずです。
第一印象の作り方から、客単価アップ、お客様をファンにする方法まで、小さなステップでスキルを向上させます。
 

4.チームワークとリーダーシップ

店舗にとって、大きな悩みの種はチームワーク。お店で簡単にできる「認め合う」コミュニケーションの実践は、大きな成果をもたらします。
経営者、現場リーダーが、短い時間で部下のやる気や気づきを引き出すための方法も身につけて行きます。
さらに、タイプ別のコミュニケーションなどで、男性上司がわかりにくい、女性スタッフの育成のヒントをつかみます。
 

5.売れる仕組み作り

やればやるほど楽になる仕組みを作っていきます。店舗レイアウト、キャンペーン、顧客管理、ツール作成など、具体的な販促を通して実力をつけていきます。
それぞれのポイントで数値化することで、勘に頼らない再現性のある仕組み作りです。

もっとも効果的な視点(打ち手)から始める

一般的な育成法では、「目標の共有化」→「販売・接客スキル」→「チームワーク」など、育成の順番が決まっています。
しかし、「プロ集団育成コーチング」では、もっとも効果的な打ち手から始めることができます。
例えば、スタッフAさんが、積極的にお客様に関わろうとしない場合、Aさんの接客力がない場合が考えられますが、深く話しあっていると「Bさんのお客様となれなれしくしたら、Bさんにきつく当たられる」ことが障害だったりするのです。
その場合、真っ先に育成する視点は、「販売・接客スキル」でなく、「チームワーク」ということになります。
実際の現場では、さまざまな要素が有機的にからまりあい、上記のようにシンプルにはいきませんが、その中でも先入観を持たず、現状を把握して、最も効果的な視点(打ち手)から始めることが現実的です。
まずは、現時点で把握できている現状を参考に、打ち手の仮説を立てましょう。
お店は、毎日変化しています。
タイミングを逃さない事が大切です。

成長し自立するための5つのステップ

テーマ(仮説)が決まったら、育成のためのステップを進んで行きます。
上図は、ステップの典型的なスケジュールと主に取り組む内容です。
(テーマ・現状によって、異なる場合があります。)
 
5つのステップは

人材育成次のステップ

の5つです。

1.成功体験

…まずは、成功体験をしてみましょう。現場スタッフの多くは、新しい事を始めるのに抵抗があります。
ましてや、方針がコロコロ変わる経営者や現場リーダーに振り回されていたらなおさらです。
毎日忙しい現場では、「これ以上負担が増えるのは嫌。」「また、長続きしないに違いない。」と、思っても仕方ありません。
そこで、そんな心理的抵抗を軽減し、取り組む姿勢を作るために、「プチ成功体験」をしてみましょう。
「もしかしたら、今度は違うかも…」と、思ってくれたらバッチリです。
 

2.現状確認と目標設定

…心が開いたところで、質問表などを使って、さらに現状確認をしていきます。このステップで、テーマ(仮説)よりも育成に効果的なテーマがあれば、変更します。
より具体的で現実的な目標を設定していきます。目標に応じて具体的な行動計画を立てて行きます。
 

3.大量行動

…とにかく、頭で考えず、大量に行動していくステップです。初めは大変ですが、だんだんと慣れてきてスムーズに学びを実践していくことができるようになります。
「大量」に行動することで「上質」なスキルが身に付きます。やればやるほど楽になっていきます。
 

4.振り返りと改善

…今後「何をするか」「何をしないか」を見定めて行きます。マニュアル化・標準化できるものは、マニュアル化・標準化し、新人やパート・アルバイトさんに仕事を権限委譲していきます。
有能なスタッフの負担が減り、次のチャレンジへ向かう余裕ができます。
 

5.危機管理と次へのステップ

…最後の「お試し」のように、アクシデントが起こることがあります。ある程度コツを掴むと飽きてくるスタッフも出てくる場合もあります。(潜在意識の最後の抵抗です。)
今までの努力が無駄にならないように気持を引き締めて対応しましょう。一度習慣化されてしまえば、後々に崩れても立て直しを早くすることができます。